彼に、私の女友達を会わせるべきではなかったと強く後悔!

今から、8年前、41歳の頃、私は、付き合っている彼氏がいました。
その男性は、私より4歳年下の37歳で、介護施設の職員をしていました。
私は、その男性と、ボランティア活動を通じて、出会いました。
私と彼は、同じボランティアサークルに所属して、耳の不自由な方に対する要約筆記ボランティアの活動していました。
その男性は、体の不自由な人に対して、とても優しい人でした。
彼とは、打ち上げの飲み会の時に、意気投合して、付き合うようになりました。
私は、当時、その活動とは別に、ツインバスケットという障害者スポーツのサークルにも、所属していました。
ある時、私が彼に、その話をすると、彼は、「俺も、その ツインバスケットサークルに参加したい」と言い出したのです。
私は、今は、その時、彼のその申し出を断ればよかったと、今は深く後悔しています。
ですが、その時は、私は、深く考えずに、「いいよ。一緒に参加しよう」と軽い気持ちで、答えました。

数日後、彼と私は、ツインバスケットサークルに参加するようになりました。
彼と一緒に、ツインバスケットに行くようになってから7ヶ月が経った頃、彼は、車椅子の女の子と、だんだん仲良くなっていきました。
その様子は、私から見ても、明らかでした。
車椅子の女の子は、元々は、私の友達でした。
その後、私は、彼に「ツインバスケットに行くの、やめる」と告白しました。
すると、彼は、「何で?」と尋ねてきたので、「あなたと彼女が仲良くするのを見るのが辛い」という本心は言わずに、「忙しくなったので」と彼に話しました。
すると、彼は、「俺も、もう行かない」と私に言いました。
私は、その言葉を信じて、安心していました。
その頃から、彼からの連絡は、以前より、少なくなり、デートも、たまにしかできなくなりました。
私が彼に、「会えなくなったね」と言うと、「今、仕事がちょっと忙しくて」と彼は、答えていました。
ところが、それから、10ヶ月経ったある日、私がショッピングモールに行くと、そこに、彼とその車椅子の女の子がいたのです。
彼とその女の子は、私に隠れて、コソコソ会っていました。
私は、びっくりしたのと、ショックなのとで、唖然となってしまいました。
思い切って、彼と彼女に近づいて行こうとしたら、彼と彼女は、私の顔を見た瞬間、すごいスピードで、逃げていったのです。
私は彼を信じていたのに、裏切られたことが、とても辛く、その為、彼を車椅子の彼女に会わせた形になったことを深く後悔しました。
私は、彼のことが信じられなくなり、彼と別れました。
今考えてみると、うかつに、彼を私の友人がたくさんいる所に、連れて行ったのが良くなかったと思っています。
この辛い経験から、私は、彼から、どんなに強く言われても、どんなことがあっても、自分の好きな人を自分の知り合いの女の子に、会わせてはいけないということを学びました。

束縛男から学んだこと。ハッキリと自分の意見を言う!

19歳大学生の頃で、相手は同じ大学の同級生でした。
恋愛に発展したきっかけは、友人と友人の男友達と授業の空き時間に一緒に話して仲良くなりました。
そのうち相手と二人きりで話すことも増えて、一緒にお昼ご飯を食べたり、帰ったりするようになりました。
話していると学籍番号が近いことが判明し、授業が一緒になることが多かったので隣同士で講義を受けることですっかり仲良くなりました。

私も相手と一緒にいると話やすかったり、安心感もあったので当時は好意を持っていました。
夏休みに入る前に相手から告白をされてお付き合いをすることになりました。

どのような恋愛だったのかと言うと、お互いのバイトが休みの日に合わせて一緒に買い物やご飯を食べに出かけたり、観たかった映画が一緒だったので映画を観に行ったり、ディズニーランドにも行きました。
友達と一緒に出かけるような感じのデートをしていました。

楽しく出かけたりしていましたが、徐々に相手の見えないところが見えてくるようになりました。
それは、私の友人に対して「俺と付き合っているからもう○○ちゃんとは話をしたりしないで、近づかないで欲しい」というメールを送ったりし、束縛の激しい方だということです。
友人から「あの人は束縛が強そうだから気をつけて」とアドバイスされ、相手の動向を観察するようにしていましたが、相手は私と二人で過ごしている時は良い男ぶっていました。
良い人ぶるので友達にメールを送ったりして束縛をしないでと言えませんでした。

夏休みが終わり、学校が始まると束縛が激しくなり、私が友達と一緒に話していると後ろからやってきて引き離そうとし「俺と一緒にいろ」と乱暴な言葉づかいをされるようになりました。
友達と話すことを許されず、付き合っているんだから一緒にいて欲しい、朝から晩までずっと一緒にいたいと言われるようになりました。
友達付き合いも大切にしたいので、友達と一緒に過ごす時間も欲しいと言ったところ、そんなふざけたことを言うなと暴力をふるうようになりました。
こんな凶暴性のある人とは思わなかったのでびっくりし、その後「ごめんごめん」と優しくしてくれましたが、徐々に信用できなくなりました。

この相手と付き合って後悔したことは、友人が気をつけてと言った段階で強く言えなかったことです。
はっきりと「友達にメールを送ったり、引き離そうとする行為はやめて」と言えたらと今でも後悔しています。
友人との付き合いも理解して欲しいこと、束縛をするのはやめてほしいことを告白された時点で言えていたらと思います。
告白されたときは気持ちが舞い上がってしまっていましたが、しっかりと条件を示すことで後悔のない付き合いできたのではと思います。

後悔から学んだことは、束縛など怪しい行動があった場合はその場で解決するようにすることです。
その場で相手に確認することで怪しい行動をさせないようにもできると言えます。

相手の言葉ではなく行動を見ることの大切さを学んだ。

12年前にアメリカ人男性とお付き合いしていました。
仕事仲間からの紹介で知り合った彼は銀行のコンピューターシステムの開発に携わっているという物静かな7歳年上の人でした。
冗談も好きでお互いに観たことのある映画や読んだことのある本などいろんなものの趣味が合い、すぐに意気投合することができました。

最初に会ったのは彼が会議に出席するために日本に来るついでに休暇を取った際のことでした。
仕事仲間から「あなたと彼は絶対に気が合うから」と言われたものの、はっきりいって外国人男性と付き合うことに興味はありませんでした。
国際恋愛・結婚の大変さをいろいろ聞いていたこともあり、「私はそんなめんどくさいことしたくないわ」という感じだったのです。
だから有名な観光地を案内したり美味しい食事処を紹介するいわゆるツアーガイド的な感じでいいかな、と思って会うことにしました。

ところが実際に会ってみるとお互いに気に入ってすぐにメールアドレスを交換、それからはアメリカと日本の長距離恋愛の形になりました。
毎日のメールやチャットはもちろん、お互いの休暇のたびにどちらかが相手の国に行ったりという方法でお付き合いを深めていったのです。
そういう関係が2年続きました。
やがてもう少しで3年目、という時に彼からプロポーズされたのです。

さすがに外国人だけあって、彼からのメールはいつも「好きだよ」「愛している」の言葉が満載でした。
会えばいつも優しくて笑顔、私も嬉しかったのです。
ただ、今思い返してみるとなぜか私は笑っていても気持ちの中にもうひとつしっくりこないというか、なんとなくよくわからない不安のようなものがありました。
その時は「ただ遠距離でいつも一緒にいられないから」と無理やり不安を押し込めるようにしていました。

ある時ふと言葉では好きとか愛してるとか言ってくれても、それに伴う「行動」がないな、ということに気が付いたのです。
一緒に歩いていても手をつなぐこともなければ、ハグも会った瞬間と別れ際だけで映画で観るような「恋人同士」のボディランゲージがなかったのでした。

本当ならこの時点で気づくべきでした。
彼には何等かの理由があって、言葉では愛してると言ってもそれは心からではない、ということに気が付くべきだったのです。
何かおかしい、と思って考えて「あ、もしかして」ということに思い至ったらそこで彼に確認するなり自分で距離を置く決断をすべきでした。
いつも「そんなことはない」と不安を押し込めていたために言ってみればお互いの貴重な時間、本当の出合いがあったかもしれない時間を無駄にしたかもしれません。

この時に「男性の言葉ではなく行動を見なくてはならない」ということを知っていたら、不安を感じることもなかったでしょう。
「この恋は本物じゃない」とわかったはずですから。

久しぶりの恋愛から学んだ、片思いと失恋時に注意すべき二つのこと。

わたしがまだ大学生だった頃の話です。
中高一環教育、しかも女子校で過ごしていた私は、大学に入りひさしぶりの共学の学校生活を楽しんでいました。
そしてついに、わたしは片思いをし始めました。好きになった男性はバイト先の人でした。その人はわたしよりも4つ年上で、バイト先の先輩でした。職業はフリーターで、専門学校卒の人。

有名難関私大に通っていた私とはかなり違う境遇の人でしたが、仕事ができたり、年上だったりして、その男性がとても格好良く見えました。
バイクが趣味だったり、好きな音楽がロック系だったりするところも、未知の感じがして惹かれてしまいました。
そのアルバイト先には当時、わたしと幼馴染の女の子も働いていました。わたしはその幼馴染に、その男性がいかにかっこいい人なのか、バイトで顔を合わすたびに惚気ていました。その男性は男性で、毎日平気で彼女欲しいなあと公言しているような人物だったので、フリーなのは確実でした。
幼馴染からは、惚気を話すたびに、趣味悪いよーなどと笑われていましたが、恋に盲目の状態だったので、そんな幼馴染の言葉は耳の中を素通りしていっていました。
そして、幼馴染がわたしのその男性がいかにかっこいいかと語ってもあまり反応しなくなり、おざなりな返事しかしなくなっていたことにも、わたしは気がついていなかったんです。

ある時、いつものようにそのバイト先の先輩である男性の話をしていたら、幼馴染が言いにくそうに、実は言わなければならないことがあると言われました。
なに?と聞くと、実は、その男性と幼馴染が一ヶ月ほど前から付き合っていること。わたしがあまりに男性の良いところを話すから、気がついたら自分も好きになっていて、告白をしたらおっけーをもらえた、とのことを言われました。
こうして、わたしの久しぶりの恋愛は告白もせずに終了となりました。

今考えてみたら、そんな専門卒フリーター男の何が良かったのかわかりませんが、当時は本当にショックを受けて、その後、過激なダイエットに走ってしまい拒食症にまでなってしまいました。
精神的に病んでしまっているときにダイエットを実行してしまったこと、さらに、いくら幼馴染で親しい友人だったからといって、共通の知り合いである人物が好きであることをベラベラ話しまくっていたことなど、今でも後悔しています。

恋に悩んだときは第三者のアドバイスを受けるのがベストです。

※最新版!【通話料無料で使える電話占い一覧】50サイト以上を網羅!

それ以降、自分で精神的にしんどいな、と思った時は、考えることをやめ、とにかく眠るようにしたり、一人で塞ぎ込んで考えすぎないように友達と一緒に時間を過ごしたりするようにしています。病んでいる時に一人で考えてもろくなことを思いつかないからです。
それから、片思いをした際は、その相手の男性となんら接点のない友人に相談に乗ってもらうようになりました。

お金にルーズで、自分が一番大事な男・・・

私はとにかく恋愛経験が乏しく、ほとんど片想いで恋が終わるタイプの人間でした。
そんな私が初めて両想いになった相手が、お金にルーズで自分が一番じゃないと気が済まない男だったのです。
彼とは会社の同期入社でした。お互い高卒で、気を使わなくてよかったので、直ぐに仲良くなりました。
しかし私の悪い所で、友達として仲良くなると、その後恋愛感情で好きになってしまうのです。
彼の事も例外なく好きになってしまい、今まで片想いで終わっていたので、今回はと思い、思い切って告白してみました。
すると彼も私の事が好きだったみたいで付き合う事に。思い返せば、生まれて初めて自分が一番好きな人が、自分の事を一番好きだと言ってくれた事に完全に舞い上がっていました。
付き合い出した頃は、友達期間が長かったせいか、なかなか恋人同士らしくふるまえませんでしたが、半年くらい経つ頃には、なんとか恋人っぽくなっていました。
ただ、彼も恋愛経験が乏しく、彼女の扱い方とかよく分かってなかったように思います。
最初は割り勘でご飯を食べに行っていたのに、だんだん私が全部払うようになり、遊びに行っても私がお金を出す。車(彼の車)を使うとガソリン代も私。ホテルに行っても私が支払う。

そのくせ自分の給料は、ほぼギャンブルに使い、足らない分はカードローン。3年間付き合いましたが、2年くらいそんな状態でした。
何より彼は、私にお金を使うのが本当におしいらしく、一応彼女なので誕生日やクリスマスのプレゼントはちゃんとしてくれますが、
そういう時に食べるご飯とかまったく無頓着でした。一番ひどい時で車の中でほか弁の時もありましたしね。もちろん私の支払い。
二人で買い物に行っても、何のこだわりか荷物を持つのがカッコ悪いとか言って、私に荷物を持たせたり。
あと一番面倒臭かったのが、自分が早く仕事終わる時に私が予定を入れていると、とたんに機嫌が悪くなる事でした。
自分より友達を優先されるのが嫌なようで、何回も私一人だけ先に帰り彼の元に。
そんな感じなので、私から3年間で4回別ればなしをきりだしたのですが、そういう時に限ってとてもしょぼーんとして、寂しいアピールをするのです。
私も馬鹿なので、そんな態度をとられると、情に流されて結局分かれる事はできませんでし。
その後も、いつか変わってくれるかもと思いつづけて、結局その彼と結婚してしまいました。
しかしそんなに簡単に人間変わる事はなく、結婚生活も借金まみれの最低なものでした。
本当に馬鹿な男と結婚してしまったと、後悔しかありません。情に流されず、あの時きちんと別れていれば、今こんな苦労していないのに。
見た目がタイプとか、一緒にいて楽しいだけで結婚相手を決めたら大変な事になります。
お金にルーズな人間は一生ルーズなままです。借金してまでギャンブル行くような人間には早く見切りをつけるべきでした。

遠距離からの執着しすぎた恋

私が二十代前半の頃の恋愛の話です。
その時の彼は私より5つ年上の大人な人でした。私が知らないことをたくさん知っていて、色んなことを私に教えてくれる有難い人でした。そんな彼とは、知り合いとイベントへ行った時に出会い、会話をするうちにお互い好意を持っており、連絡するようになりました。そしてお付き合いすることになりました。
お互い仕事が終わって、時間が合うと食事をしたり連絡を取り合ったりしました。年上の彼は、何も知らない私をとても可愛がってくれ、そして私にとって彼はいつしか人生でも大きな先輩のような存在になりまた。学ぶことが沢山あってとても魅力的な人だったからです。

けど、楽しい日々は長く続きませんでした。なぜならば彼はお仕事の都合で、遠い県へ移動することになってしまいました。営業のお仕事をしていた彼は、付き合いなどの仕事時間外の接待やら飲み会などの付き合いが多く、だんだん私との時間が取れなくなっていきました。
離れてしまっただけでも、寂しくて不安な私にとって、毎日手の届かないところにいる彼が、あんなに忙しく仕事中心の生活で連絡一つとるのが難しくなってしまい、どんどん落ち込む私でした。そして、寂しさのあまり、連絡の取れない彼に執着して、ムダに沢山連絡をしたり、心配をかけるような事を言ってみたりしました。

大人に彼は全て私が寂しいが故にしている事だと、分かっていたのかもしれません。それでも、これまでの彼とは違い、どんどん冷たい対応をしてきたり、仕事ばかりで私の存在を忘れているような態度に、私の気持ちは混乱していくのでした。そして、私は思い切って連絡をしないで彼のいる遠い県へ突然出向きました。そして彼の家に突撃しました。驚きを隠せない彼、喜んでくれると思った私でしたが、そうではありませんでした。彼からの言葉は、「今仕事に集中したいんだ。申し訳ないけど恋愛を楽しむ余裕が今ない。」でした。
決して私を嫌いになったわけではないという事でしたが、私もしばらく冷静になって、彼のことが大事だったので、彼の人生を応援するつもりで距離をおいて別れました。あの時私が、寂しいが故にあまりに連絡を入れたり突然訪問したりしたことは、余計に私との距離を取ろうとする彼の心に拍車をかけたと思うし、何より男として仕事に集中したい彼の気持ちに気づかなかったのは、今考えると邪魔したなと、恥ずかしく後悔しています。
人生みんな、それぞれのタイミングがあるので、その時の自分の感情だけ優先しても上手くいくものもいかなくなるし、好きならば相手のためにどうしてあげるべきなのかということを、ちゃんと冷静に考えることが相手を愛することなんだと、何より大事なんだと、この恋から学んだように思います。

20代前後の恋愛の失敗談。自宅に呼んでおけば…

私は20代前後のときに恋愛をしました。恋愛でも遠距離恋愛です。恋人としては一番初めの相手であり、まだ恋人とはどういうものか分かりませんでした。相手の男性は、少し自己中心的なところもありますが、私のマイナス思考とは違い、いつもプラス思考で友達も恵まれている人でした。
どういう恋愛に発展したかというと、遠距離恋愛だったからときどき会ったときに買い物へ行ったり、公園に行ったりする程度でした。ときどき私の自宅に行きたいとは言っていても、親に紹介するのが怖くてなかなか自宅に呼ぶことが出来ませんでした。一番失敗したのは男性を自宅に呼べずに恋愛が終わってしまったことでした。

恋愛は上手くいきませんでした。私の考えと相手の男性の考えと価値観が異なることから、付き合い始めてすぐ別れようと言い始めました。しかし私は恋愛もしたいし、友達というものもあまりいなくて寂しい日々が続いていました。別れるのはやめてもらい、もう少し付き合ってもらうことにしました。

しかし別れた原因は彼のさりげない一言でした。私にとってはすごく傷つくことを言われたと思い、辛い思いをしました。一生懸命やっていることにいろいろ言われました。だからあえてメールも電話もしなくなり、時間と共に過ぎていきました。
今考えればもう少しお互いの理解があれば恋愛が出来たと考えています。相手は自己中心的な考えを持ち、私のマイナス思考とは違う考えでした。まず誰を大事にするか、何が大切かなど考える時点で食い違いも起こり、価値観も違いました。育ってきた環境などで価値観も違いますが、価値観で別れようと言われたときは辛い思いをしていました。この価値観の違いから長い会話も出来なくなり、遠距離恋愛のため毎日一緒に何かすることもなくなりました。

何もかも生活が違ったのがいけないところだと思いました。今までは一緒に何かしたりときどき会う生活もありましたが、お金や生活事情により出来なくなりました。だんだん私も忙しくなりお互いに忙しくなりました。お金がないこともいけないと思ったし、親ともう少し会話をしていれば男性を呼べたのにと思いました。
男性が私の自宅に来たいと言われるまで、殆ど他の男性を自宅に入れたことがありませんでした。つまり男性とも女性とも友達が作れず、友達が作れないために男性も入れたことがありませんでした。だから急に男性が来ると不審に親が感じると思い、デートだけで我慢をしていました。